固定費の削減 節約

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え方法【知らなきゃ損するポイントあり】

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換える方法

すでに楽天モバイルへ乗り換える予定なら、ユーザーID(ra20013118112)を入力して以下から申し込むと、最大2,000ポイントがもらえます!

こちら先着5人までなのでご理解ください。

↓「ra20013118112」を入力で、最大2,000ポイントゲット!(※先着5名)↓

楽天モバイルの申し込みはこちら


どうも!マスケン(@kento971017)です。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える方法は?

といった疑問を解消します。

 

記事の内容

  • ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える方法
  • 乗り換える前に知っておくべきこと
  • 乗り換え後の節約額
  • 乗り換えた感想

 

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える方法は、『店舗』と『ネット』の2つがあります。

店舗なら、スタッフが乗り換えを全てやってくれるので楽です。

 

しかし、楽天モバイルの店舗数はまだ少なくて、近くにお店がない人も多いと思います。

そうなると自分でネットから乗り換える必要がありますが、正直難しそうだし失敗したら怖いですよね(>_<)

 

僕は2020年1月から実際にソフトバンクから楽天モバイルへネットを使って乗り換えました!

 

そこで今回は楽天モバイルへ乗り換える方法や事前に知っておくべきことを解説します。

また、乗り換えによる節約額や乗り換え後の感想も説明しますので、ぜひ最後までご覧くださいね(^^♪

マスケン
ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えて、通信費を節約しよう!

※記事の内容は2020/2/1時点のものです。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える前の準備

楽天モバイルへの乗り換えるための事前準備には、以下の4つがあります。

  1. 名義を確認
  2. スマホが楽天モバイルに対応しているか確認
  3. スマホのSIMロックを解除しておく
  4. クレジットカードと本人確認書類を用意する

上記はスムーズに乗り換えを終わらせるために必要です。

それぞれ詳しく説明しますね。

名義を確認

ソフトバンクと楽天モバイルの名義を統一しておくと、スムーズに乗り換えられます。

ただし、子どもが親の名義から外れて申し込むなどの場合は名義変更が必要です。

 

名義変更をするには、ソフトバンクショップへ現在の名義者と一緒に行かなければいけません。

その際にソフトバンクショップが混んでいる場合も考えられるため、事前に来店予約しておくのをおすすめします。

以下からソフトバンクショップへの来店予約がネット上でできるので、ぜひお使いください。

マスケン
かんたん来店予約はこちら

自分のスマホが楽天モバイルに対応しているか確認

スマホの機種によっては、楽天モバイルに対応していない場合があります。

以下からご自身のスマホが対応しているか事前に確認しておいてください。

マスケン
楽天モバイル対応スマホの確認はこちら

 

もし楽天モバイルで対応していない場合は、格安スマホとセットで購入することもできるので安心してください。

OPPOやGalaxy、AQUOSなど多数のスマホが安く購入できます。よければ以下からぜひ見てみてください。

マスケン
楽天モバイルで買えるスマホはこちら

スマホのSIMロックを解除しておく

ソフトバンクのスマホはSIMロックによって、他社で使えなくなっているので解除しましょう。

解除方法は以下の2つがあります。

  • 自分で解除する(無料)
  • ソフトバンクショップで解除してもらう(3,000円)

方法を知っていればSIMロック解除は簡単なので、自分でやることをおすすめします。

わざわざソフトバンクショップに行って3,000円もかけるのは正直、もったいないです。

 

自分でSIMロックを解除する方法は次のようになります。

SIMロック解除は9:00~21:00までしかできないので、注意してください。

SIMロックの解除方法(スマホから)

  1. スマホのIMEI番号を確認する (確認方法はこちら)
  2. 「My Softbank」にログイン
  3. 「契約確認」をタップ
  4. 下にスクロールして、関連メニューの「SIMロック解除手続き」をタップ
  5. IMEI番号を入力して、「解除手続きする」をタップ

上記の方法が難しそうであれば、楽天モバイルの店舗で無料でやってくれますよ(^^♪

クレジットカードと本人確認書類を用意する

楽天モバイルへ申し込む際は、『クレジットカード』と『本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)』を用意しましょう。

 

クレジットカードを持っていない人はデビットカードでも大丈夫です。

もし口座振替で支払いたい場合は、銀行口座だけあれば問題ありません。

マスケン
ここまできたら、楽天モバイルへの乗り換えを本格的に進めていきます!

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順は以下の通りです。

  1. ソフトバンクからMNP予約番号をもらう
  2. 楽天モバイルへ申し込む
  3. SIMカードが届いたら、開通手続きをする
  4. SIMカードを差し込んで、APN設定をする

 

それぞれ分かりやすく解説します。

手順①ソフトバンクからMNP予約番号をもらう

まずはソフトバンクからMNP予約番号をもらいましょう。

MNP予約番号とは、電話番号を変えないで携帯会社を乗り換える時に必要な番号です。

 

取得方法は次の3つがあります。

  • 電話する (オススメ!)
  • ソフトバンクショップに行く
  • My Softbnk からもらう

上記の中では、電話する』が最もオススメです。

ソフトバンクの職員と話しながら確実に予約番号をもらえますし、なにより面倒くさくありません。

 

電話する番号は以下の通りです。

ただし、受付時間が9:00~20:00までなので注意してください。

ソフトバンクの携帯から *5533
フリーコール 0800-100-5533

(参照:ソフトバンク)

どちらの電話番号にかけても通話料金はかからないので安心してください。

 

電話がつながったら、「予約番号の発行をお願いします。と担当者に伝えましょう。

そうすれば担当者が注意事項を説明したのち、10ケタのMNP予約番号を発行してくれます。

伝えられたMNP予約番号は忘れずにメモしておいてください。

手順②楽天モバイルへ申し込む

次に、楽天モバイルへ申し込みます。

 

公式サイトにいったら、右上の「お申し込み」をクリックします。

あとは表示される項目に答えていくだけです。

楽天モバイルの公式サイト

手順③SIMカードが届いたら、開通手続きをする

申し込みから2~3日すると、楽天モバイルのSIMカードが届きます。そうしたら、開通手続きをしましょう。

開通手続きとは、回線を楽天モバイルへ切り替える手続きのことです。

 

以下の番号に電話すれば、無料で開通手続きが完了します。

楽天モバイル開通受付センター:186-0800-805-1111

 

ただし、受付時間によって手続きの完了時間が回線ごとに異なります。

詳しくは、以下の表を参考にしてください。

回線 受付時間 完了時間
ドコモ回線 9:00~20:39 当日中
20:40~翌8:59 9:00以降
au回線 10:00~18:50 当日中
18:51~翌9:59 10:00以降

(参照:楽天モバイル)

開通手続きが終了した時点で、ソフトバンクの回線は自動解約されます。

そしたら、届いたSIMカードを自分のスマホに差し込みましょう。

手順④SIMカードを差し込んで、APN設定をする

SIMカードをスマホに差し込んだら、APN設定をしましょう。

APN設定とは、スマホにインターネットの接続先が楽天モバイルだと認識させる設定です。

 

設定方法はAndroidとiPhoneで異なります。

詳しいやり方は、SIMカードと一緒に送られてくる『はじめてガイド』の7ページから参考にしてください。

 

この時点で楽天モバイルへの乗り換えが完了です!

マスケン
お疲れ様でした!

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えて、節約額は『月5,820円』だった

僕が実際にソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えてみたところ、通信費は『月5,820円』の節約になりました(^^♪

乗り換え前後の状況は以下の通りです。

乗り換え前 ➡ 乗り換え後
携帯会社 ソフトバンク 楽天モバイル
プラン ・通話定額ライト

・データ定額20GB

スーパーホーダイ プランM (月6GB)
料金 月7,800円 月1,980円(ダイヤモンド会員時)  ※5,820円の節約

毎月5,820円も通信費を削ると、『年69,840円』の節約になります。

携帯会社を変えるだけで、年間に約7万円もお得になるのです。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える前に知らなきゃ損する4つのポイント

実際にソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えてみて、事前に知っておくべきだと思ったポイントは以下の4つです。

  1. 友達紹介キャンペーンで、最大2,000ポイントもらえる
  2. 乗り換えにかかる手数料によっては、今乗り換えるべきではない
  3. ソフトバンクのメールアドレスが使えなくなる
  4. 家族間の通話料金が高くなるかもしれない

 

それぞれ詳しく解説します。

友達紹介キャンペーンで、最大2,000ポイントもらえる

楽天モバイルの友達紹介キャンペーン

楽天モバイルの友達紹介キャンペーンでは、プランや契約方法によって最大2,000ポイントもらえます。

これを知らずに申し込んだら、実質2,000円をムダにしているのと同じです(>_<)

楽天モバイルを使っている家族や友人などがいたら、紹介した側も最大3,000ポイントもらえることを伝えてぜひ紹介してもらいましょう。

 

紹介にあたっては、紹介者のユーザーIDを教えてもらうだけでOKです。

あとは、楽天モバイルへの申し込みを進めると現れる以下のフォームにユーザーIDを入力します。

楽天モバイルのユーザーIDの入力場所

 

もし周りに楽天モバイルユーザーがいない場合、よければ僕のユーザーID(ra20013118112)を使ってください。

『ra20013118112』を使っても、問題なく最大2,000ポイントが手に入りますよ(^^♪

↓「ra20013118112」を入力して申し込みで、最大2,000ポイントゲット!↓

楽天モバイルの申し込みはこちら

 

最大2,000ポイントの内訳は以下の通りです。

  • スーパーホーダイの契約:1,000ポイント
  • 平日にショップで契約:1,000ポイント

つまり、平日にショップでスーパーホーダイを契約すれば2,000ポイントゲットになります!

乗り換えにかかる手数料によっては、今乗り換えるべきではない

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるには手数料がかかります。

その手数料の金額と乗り換えによる通信費の節約金額によって、現時点で乗り換えると損するかもしれません。

 

新しいスマホは買わずに携帯会社だけ乗り換える場合、次の3つの手数料がかかります。

  1. ソフトバンクの契約解除料:10,450円(※更新期間内なら0円)
  2. ソフトバンクのMNP転出事務手数料:3,300円
  3. 楽天モバイルの事務手数料:3,733円

合計:17,483円(税込)

 

注目してほしいのは、『ソフトバンクの契約解除料:10,450円』です。

もしソフトバンクの契約更新期間に楽天モバイルへ乗り換えれば、契約解除料は無料になります。

つまり、『現時点から契約更新期間までの時間』と『乗り換えによる月々の節約額』によって、ソフトバンクの契約更新期間まで乗り換えを待つべきかどうか決まるのです。

 

例えば、僕はソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えで、月々5,800円の節約になると分かりました。

この場合、もし契約更新期間が2ヵ月以上先なら今乗り換えた方がよくなります。

なぜなら、2ヵ月目の時点で節約額は11,600円(5,800円×2ヵ月)に達し、契約解除料(10,450円)を超えるからです。

一方、契約更新期間が来月の場合は、乗り換えを先延ばしした方がお得になります。

 

このようにお得さを求めると、手数料と節約額によって乗り換え時期の判断が変わってくるのです。

マスケン
両者をしっかりと把握して、今乗り換えるべきか考えてから申し込んでくださいね。

ソフトバンクのメールアドレスは使えなくなる

楽天モバイルへ乗り換えが完了すると、『@i.softbank.jp』や『@softbank.ne.jp』などのソフトバンクのキャリアメールが使えなくなります。

これを乗り換え前に知らないと、キャリアメールで受信の登録をしていたサービスからメールが受け取れなくなるので注意してください。

 

しかし、GメールやYahooメールなどのフリーメールアドレスで代替すれば、基本的に問題ありません。

キャリアメールからフリーメールへの移行を各種サービスで済ませてから、楽天モバイルへ乗り換えましょう。

家族間の通話料金が高くなる可能性がある

家族がソフトバンクを使っている場合、互いの通話料金が高くなってしまう可能性があります。

もし、家族間で頻繁に電話するなら注意してください。

 

ソフトバンクには「ホワイト家族割」などの家族間で通話料が無料になるサービスがありました。

もし楽天モバイルに乗り換えてしまうと、そういったサービスが適用されません。

 

通話料が高くなることについて、家族としっかり相談してから申し込むとよいです。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えてみた感想

実際にソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えてみた直後の正直な感想は次の通りです。

(良いなと思ったこと)

  • 通信費が5,820円も安くなった
  • 高速通信への切り替えがアプリのボタン一つで簡単
  • 使い放題時の速度の1Mbpsでも充分速い
  • 利用料金を楽天ポイントで支払える
  • 楽天市場のSPUが2倍になる
  • 通信量が余ったら来月に繰り越しできる

(微妙だなと思ったこと)

  • 12~13時と17~18時は使い放題の回線速度が300kbpsとなって遅い
  • 2020年4月頃に楽天モバイル回線への乗り換えを催促してくるらしい

 

また、楽天モバイルを利用してから1ヵ月経過したリアルな感想は以下の記事に書いているので、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えた感想【素晴らしい点・イマイチな点】

 

微妙な部分もたしかにありますが、それ以上に良い部分が多いです。

総合的にみると、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えには満足しています(^^♪

通信費を節約したいなら、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるべき

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え時は、まず以下の事前準備をしましょう。

  • 名義を確認
  • スマホが楽天モバイルに対応しているか確認
  • スマホのSIMロックを解除しておく
  • クレジットカードと本人確認書類を用意する

 

上記が終わり次第、次の手順で乗り換えを完了させます。

  1. ソフトバンクからMNP予約番号をもらう
  2. 楽天モバイルへ申し込む
  3. SIMカードが届いたら、開通手続きをする
  4. SIMカードを差し込んで、APN設定をする

 

また、実際に乗り変える前に知っておくべきことは以下の通りです。

  • 友達紹介キャンペーンで、最大2,000ポイントもらえる
  • 乗り換えにかかる手数料によっては、今乗り換えるべきではない
  • ソフトバンクのメールアドレスが使えなくなる
  • 家族間の通話料金が高くなるかもしれない

 

僕はソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えたことで、『5,820円』も節約できました!

通信速度も以前とほぼ変わりなく、大満足です。

 

通信費は固定費ですので、節約効果は非常に高くなります。

なので、通信費を節約したいと考えている方は、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えを今すぐ考えるべきです。

もしすでに楽天モバイルへ乗り換える予定なら、ユーザーID(ra20013118112)を入力して以下から申し込むと、最大2,000ポイントがもらえます!

こちら先着5人までなので、お早めにご利用くださいね(^^♪

↓「ra20013118112」を入力で、最大2,000ポイントゲット!(※先着5名)↓

楽天モバイルの申し込みはこちら

 

僕のTwitter(@kento971017)では、この記事のような「お金」に関する有益情報を発信しています!

ブログにはない情報もあるので、フォローしてくれると嬉しいです(^^♪



-固定費の削減, 節約
-, ,

Copyright© マネブロ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.